学校法人日出学園
創立115周年
幼稚園設立100周年
記念 事業募金

ソフトボール部
硬式野球部
幼稚園
陸上競技部
(グランド校地購入等教育環境整備) みなさまの想いが、日出の未来を…

限られた校地で、様々な部活が
一生懸命取り組んでいます

再生すると音声が流れます。

日出女子学園
中学校・高等学校
校歌

作詞:福間日出子
作曲:宮原 禎次
編曲:伊与木一彦

 

やさしき胸の奥深く

剛の一字を秘めよかし

人の世なれば乙女にも

荒き風吹く日をあらむ

日出中学校・高等学校
校歌

作詞:相崎 進也
作曲:相崎 進也
編曲:伊与木一彦
眞壁 雅文

清らかな川のように けがれなき心を

育む学び舎 日出学園

師の教えを 永遠に胸に刻み

命を繋ぎ 我ら栄えゆかん

メッセージ

本学園は、明治36年(西暦1903年)創立以来、本年をもって115周年、また幼稚園は設立100周年を迎え、学校法人日出学園の伝統を担い、ここ目黒の地に幼稚園・中学・高校教育の責任を果たしてまいりました。

今日の急速に変化する社会においても、建学の精神「質実剛健・優美高雅」の基に、「しなやかな強さを持った自立できる人間を育てる」を教育理念とし、一人ひとりを大切にする教育方針で、教科教育・スポーツ・文化活動等に成果をあげることができました。これもひとえに保護者、卒業生をはじめ、多くの方々の並々ならぬご理解とご協力の賜物と感謝いたしております。

本学園は、平成31年4月より校名を「目黒日本大学中学校・高等学校・幼稚園」と名称を変更いたします。更なる発展を目指し魅力ある学校としての環境整備(グラウンドの購入等)・教育活動等の質的向上に取り組んでおりますが、これらの事業を遂行するには多大な支出が見込まれます。創立115周年を機にさらなる飛躍発展をするために財政基盤の構築を図るため、「学校法人日出学園 創立115周年・幼稚園設立100周年記念事業募金」にご協力いただきたくお願い申し上げます。これらの事業は皆様方からお寄せいただいた寄付金と本学の自己資金と併せて実行いたしますが、今後さらに充実していく必要があると考えております。

何卒この趣旨をご賢察くださいまして、記念事業を成功させるために深甚なるご支援を賜りますようお願い申し上げます。

学校法人日出学園 理事長 井上敦雄

卒業生の声

下河寿三江様(同窓会会長)

日出女子学園高等学校 昭和53年(1978年)3月卒業

下河寿三江(同窓会会長)

 学校法人日出学園は、1903年開闢以来、建学の精神「質実剛健・優美高雅」、教育理念「しなやかな強さを持った自立できる人間を育てる」のもと、永き伝統を受け継ぎながら創立115周年、幼稚園におきましては設立100周年を迎えることができ、大変慶ばしく存じます。

 いまこのときにあたり、在校生並びに卒業生、保護者の皆様や多くのご支援を賜りました方々のお力添え、そして学園執行部をはじめ教職員の先生方のご尽力の賜物と心より感謝しております。

 さて、私どもの母校は平成31年4月より、校名を「目黒日本大学中学校・高等学校・幼稚園」と改め、新たな可能性へのスタートの緒につくとともに、今後も更なる希望を拓き、在校生並びに未来の生徒のために、教育環境の拡充を図っていただけるものと期待いたしております。

 しかしながら、これらの事業を遂行するためには大きな資金が必要となります。最高の環境を整えるために、同窓会といたしましても全力で取り組む所存でございます。

 唐突ではございますが、ここに会員有志の皆様のご芳志を賜りたく、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

山縣彩人様

日出高等学校 平成13年(2001年)3月卒業

山縣彩人

 私は、中学高校時代とバスケットボール部に所属し、学業との両立に励んでまいりました。
部活動を通し、今の社会に出てから役立っていることは計り知れません。

 仲間の大切さ、精神的な忍耐力、ブレない真の強さなど… 部活動を通して築いた友情も特別なものでした。

 井上理事長先生が掲げている「文武両道」というお言葉の通り、学校生活にはスポーツも勉強も必要不可欠です。
目標に向かってひたすら一生懸命に突き進むこと。
そこで知らず知らずに得ていく数々の学び。
その目に見えない、経験した者にしか手に入れられない貴重な財産を一人でも多くの未来ある生徒たちに得てもらう為にも、グラウンドの購入が必要不可欠と考えます。

 未来の生徒たちのためにもスポーツの出来る施設を整えてほしいと願っています。